温州みかん発祥の地碑/日本で最も代表的なみかん「温州みかん」の発祥の地である長島町。数多く点在するみかんの古木が歴史を物語ります。

温州みかん発祥の地の碑

画像をクリックすると更に大きな画像をご覧頂けます。

今や全国的に有名な温州みかん。誰でも耳にしたことのある温州みかんの発祥地は、何と長島町だったのです。現在では全国各地で栽培されていますが、改良によって早い時期にも出回ることが多くなってきました。
実はこの温州みかん、遡ること約500年前に中国より苗木を持ち帰ったのがきっかけだと言われています。


画像をクリックすると更に大きな画像をご覧頂けます。

昭和11年に野中集落にて樹齢300年の古木があったことが確認されており、現在はつぎ木を行って4代目。3代目はマンダリンセンターや太陽の里で健在です。今や外国でも栽培されるようになり、その名称は「サツママンダリン」と呼ばれるほど。長島町では、温州みかんの他に「島みかん(じみかん)」なども栽培されており、鷹巣には「日本マンダリンセンター」も建てられました。

▲ トップヘ