長島町歴史民俗資料館/肥後と薩摩にあって、両方の影響を受け揺れ動いてきた長島。ここ歴史民俗資料館では長島の魅力ある歴史を存分に体感できます。

長島町歴史民俗資料館

画像をクリックすると更に大きな画像をご覧頂けます。



画像をクリックすると更に大きな画像をご覧頂けます。

指江の風車近くにある長島町歴史民俗資料館には、古くからの長島島民の暮らしぶりや、発掘された資料の数々が展示されています。昭和56年に完成した、まるで宝石箱のような資料館です。
第1展示室・第2展示室・民家展示室で構成されており、言葉では言い表せないほど多くのものが展示されています。
第1展示室では、昔の長島から現代の長島をわかりやすく紹介しています。昔とは、遡ること何と縄文時代になります。縄文人が長島で生活していたことを示すものとして、狩猟などで使用されていた道具が発見されました。また、1543年に種子島に伝わった火縄銃が長島でも使われるようになり、こちらも現物が展示されています。

近年の展示品として次のようなものもございます。第二次世界大戦中に、この長島からも多くの若者が兵隊として出征していきました。近所の皆や友人が無事を祈って書いた寄せ書きも残されております。
第1展示室の一部には、昭和3年頃の民家を再現したスペースがあります。たんすやいろり・火鉢等も展示していますので「古き良き日本」を感じることができるのではないでしょうか。

    

画像をクリックすると更に大きな画像をご覧頂けます。

    

第2展示室では、日々の生活で必要な道具類が展示されています。昔使われていたそろばんや、珍しい形状ののこぎり等、現代では中々お目にかかれないものに出会えるチャンスです。 まずは一度足を運んでいただき、長島町の魅力を充分に体感してください。

■休館日 月曜日・年末年始

■入場料 大人200円・小中100円

■TEL (0966)88-5160

■長島町役場指江庁舎から車で5分

▲ トップヘ